伝趙千里 筆「楼閣山水図」(中国・南宋~元時代)

楼閣山水図
伝趙千里・筆
箱書きには、中国の北宋~南宋時代の画院画家・趙千里(号・伯駒)の作であると
日本の狩野派の画家によって極められている。

ただ、趙伯駒の作である確証はない。

とはいえ、南宋から元にかけての画院画家によって描かれたものであろうと考えられている作品である。

右下に描かれる楼閣は、きわめて精緻で細密な描写で、こうした精細な楼閣描写の絵を「界画」と称したが、
その名手として知られたのが宋初の画家である郭忠恕であった。

この作品は、そうした郭忠恕などが確立した界画形式の変遷をたどる上でもきわめて重要な作品といえる。
幕末の狩野派画家・伊川院雅信がこの作品の模写を行っている。