群馬図屏風 六曲一双

雲谷等顔 筆

桃山時代

雲谷等顔は、日本絵画史上狩野永徳等と並んで桃山時代に活躍した巨匠の一人です。

雪舟(諱は等揚)の後継者として藩主・毛利輝元から雪舟の旧居である「雲谷庵」を受け継ぎました。

「群馬図屏風」は、その等顔が確立したスケールの大きい作風を伝える迫力に満ちた大画面の代表作のひとつです。