松林桂月・画『十声詩意』

十声詩意(部分)
松林桂月・画

この作品の制作契機となった頼山陽の十声詩は、萩藩士内藤昌盈が有栖川宮家に勤仕中、
すでに詩を通じて親交のあった山陽に依頼してつくってもらったもので、その後萩の菊屋孫輔宅に伝来していた。

この詩に興味を覚えた桂月は、孫輔より山陽の詩巻を借り受け、画巻を制作することとなった。
構想を練り直したり、描き直したりで三年余りをかけてようやく完成したという。
詩画一致を旨とする桂月の真骨頂を表す作品ともいえ、全巻を通じて穏やかで柔らかい筆致がさえている。
温潤な墨画から始まり、次第に色彩が加えられ、あでやかな春の景で終わるという、墨や色彩の構成上からも工夫の凝らされた作品。

それまでの作品に見られる鮮麗な色彩は、ここでは影をひそめ、全面に枯淡な感覚があふれ、桂月の作風の転機を感じさせる画巻である。