伝銭選 筆「草虫図」(中国・元時代)

草虫図

伝銭選・筆

作品の右上に印があり、中国・南宋~元時代の画家、銭選のものと判読できる。

また作品の箱書きには、中国元時代の画家、王淵(号・若水)の作品であると記されるが、
いずれの画家の作品と断定できるものではない。

ただ、このように作者不詳ではあるが、
その画風、スタイルから中国・元時代の画院系の画家の手になる作品であることは間違いないといわれている。

こうした元時代の画院系画家の花鳥図は、
中国・欧米・日本などの個人所蔵、美術館・博物館所蔵の作品がいくつか知られているが、
ほとんどが竪幅のもので、この作品のような横幅の大幅は、きわめて珍しいといえるものである。