孫君澤 筆「劉阮天台図」(中国・元時代)

劉阮天台図

孫君澤・筆

中国の元時代の画院画家であった孫君澤の筆になる山水図である。
描かれる岩や樹木の描写には、馬遠・夏珪などの南宋画院系の典型的な画法が用いられている。

本来は右側に画面が広がっていた可能性があるが、茶掛けとして切り詰められたとの推測もある。

描かれる故事は、中国の後漢時代に、劉晨と阮肇という二人の人物が天台山で道に迷い、
女人国で仙女たちに歓待を受けて帰ると、すっかり時代が代わってしまっていたという逸話である。

松平不昧の旧蔵として『雲州蔵帳』にその記載がある作品で、
同様の画題のものにアメリカ・メトロポリタン美術館蔵のやはり元の画家・趙蒼雲の「劉阮天台図巻」がある。