雪舟・画『溌墨山水図』

溌墨山水図
(一幅 縦22.7cm・横35.5cm)
雪舟・画
萩の旧家、菊屋家に伝わった一幅は、如南慧徹(1446~1507)の賛による。雪舟が八十歳になった頃、明応八年(1499)に東福寺の住職となって いるから、それなりに出世した人だろう。

賛の内容はありきたりのもので、中国の景色になぞらえて山水の景観を褒め称えるだけだが、この掛け軸を晩年の雪舟 をとりまく人間関係の中に置いてみるとおもしろい。

京都五山の権威から逸脱し、山口の大内氏のもとに身を寄せて何十年も過ごした雪舟。

しかし、京都のこと は気になる。そんなあり方に、実は心の底でシンクロした後輩が、出世した後でもそっとシンパシーを寄せる。こんな状況を考えてみれば、このいくぶんそっけ なく描かれた山水が、おもしろく見えてくるのではないか?