菊屋家住宅の歴史

菊屋家は摂津の国(大阪)住吉大社の、津守摂津守国量朝臣を祖とし、中世期大内氏に随身して山口に住み、同氏滅亡後は武士を捨てて町人となった。
その頃、 山口四十八町の惣町支配を勤め、永禄十二年(1569年)大友宗麟の後押しで大内輝弘が山口に乱入した時は四十八町の人を連れ、高嶺城にたてこもって防戦 に功があり、毛利元就から感状をうけた。
また毛利輝元が関ヶ原の戦いの直後、京都伏見から広島へ帰る路銀が不足していることを聞いて急場の難を救ったこと もある。
このころまでは津守姓であったが、のちに石川姓・菊屋姓に改めた。

慶長九年(1604年)輝元の萩入国に従い、現在地に屋敷地を拝領して家を建てた。
また城下の町割りに尽力し、阿古ヶ浜には藩士や 足軽衆のための家を建てて住まわせたので、それより世上阿古ヶ浜を菊ヶ浜と称するようになった。
その後、菊屋家は代々大年寄格に任命され藩の御用達を勤めた。

また度々、御上使の本陣を命ぜられ、その他御究場所・恵民録役所等しばしば藩の御用宅に借り上げられていた。